バイナリーオプションのリスクとは?

バイナリーオプションのリスクとは?

バイナリーオプション関連動画

バイナリーオプションは金融商品ですから、FXや為替取引などと同じくリスクというものを負うことになります。
バイナリーオプションの中でも最も注目されがちなリスクが「オールオアナッシング」のルールであることです。
例えばある資産が1000円より高い値段で期限を迎えると予測して10000円投資したとします。
途中にずっと1000円を超えていたのに期限には999円だった場合、期限に基準額をたった1円下回っただけなのに賭けた資産の10000円すべてを失うことになります。
この場合、為替取引などであれば期限などはありませんから10000円で買ったドルが現時点で安い場合は時期を待って売ることで多少帰ってくるので100%損することはありませんし、FXでも動き幅が少ない場合の損失は微々たる物です。
しかしバイナリーオプションではたった1円でも下回ったり上回ったりすることで、大きな利益を出せるのはもちろんですが、100%の損失にもつながるというわけです。
このような取引を「オールオアナッシング」と呼び、これがバイナリーオプションの最大のリスクと言えます。

しかし、バイナリーオプションのリスクは実はこれだけではありません。
あまり注目されませんがFXや為替取引で慣れている投資家がバイナリーオプションでリスクだと感じやすいのは、シンプルなルールに今までの知識や経験からの予測が当てはまらない難しさがあるということではないでしょうか。
為替取引やFXの取引においては市場の状況や過去の統計などからある程度の予想がたつものの、バイナリーオプションの場合は期限によっては上昇トレンドに沿っていても予想が外れる場合があります。
その期限だけ瞬間的に値段が下回ったり上回ったりすることはよくあることです。
その瞬間に当てはまってしまえば、経験や知識で予想していても外れることは起こりえることなのです。

また、1分などの短い取引が可能であるバイナリーオプションでは、次から次へと取引ができるため、時間の少ない人でも多くの取引を短時間で行うことができます。
そうすると「オールオアナッシング」のルールですから、資産はなくなるか増えるかのどちらかでしかありません。
その為、100円ずつ取引をしていても1日で100回取引をしてしまえば10000円の損失につながるということになります。
その為、しっかりとした資産管理を行わなければ、資産が尽きてしまうことも少なくありません。

これに加え、バイナリーオプションを金融商品としてではなくギャンブルの一環として取引している人は、「マーチンゲール法」などのギャンブルの法則を下手に当てはめてしまい、負債をどんどん溜め込んでしまう可能性もあります。
バイナリーオプションはあくまで金融商品として戦略を練り、しっかりと資産管理をして冷静に取り組む必要があります。

リスクが限定されているとして人気を集めているバイナリーオプションですが、逆に言うとFXと違ってリスクヘッジなどのリスクを減らすヘッジ取引をすることができず、どうあがいても100%取引額を負けた場合に失うことになります。
自分でしっかり資産管理ができなければ無謀な額を失ってしまう可能性もあります。
バイナリーオプションでリスクヘッジできない点では、リスクが決まってしまっていることは逆にデメリットともなりえるのです。

そこで、今回ご紹介オプションビット(OptionBit)サイトは、バイナリオプションのみを取り扱う海外の専用サイトとなります。

これらのリスクをしっかりと念頭において、オプションビット(OptionBit)サイトにてバイナリーオプショントレードを冷静に進めていきましょう。

 

只今当サイトでは、オプションビット(OptionBit)サイトに関する新規登録&入金マニュアルを配布中です。
また、様々な特典もご用意しております。
こちらも是非、ご参考ください。

オプションビット新規口座開設&入金マニュアル

※クリックするとマニュアルが開きますので手順に従い進めてください。

 

オプションビット(OptionBit)公式サイトはこちら▼

オプションビット特典プレゼントページはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ