マーチンゲールとは?

マーチンゲールとは?

バイナリーオプション関連動画

バイナリーオプション取引などを行う際の「マーチンゲール」とは、「マーチンゲール法」というギャンブル用語から来た戦略の名前です。
一部では必勝法といわれていますが、その方法は一般には理解しがたいものです。

マーチンゲールという名前は変わり者が住むことで有名だった南フランスのマーティギューという地名があり、そのマーティギュー出身のギャンブル好きの男が負けてはベット額を倍にし、ずっとギャンブルに負け続けたという話から、その男を嘲笑する意味で負けてベット額を倍にする方法を「マーティギューシステム」と呼び、その後その言葉が「マーチンゲール法」と変化してこの名前になったそうです。

その名前の由来どおり、このマーチンゲール法では負けたら単純に次のベット額を倍にするという単純な方法です。
つまり、10000円賭けて負けたら、次は二倍賭ける。
その次に負けたら四倍賭ける。
その次は八倍、十六倍・・・とどんどん膨らんでいくのですが、一度賭けで勝てばそれまでの負けを取り戻せるという寸法です。

しかし、名前の由来も決していいものではないように、ずっと負け続ければ結局兆章を受けるだけ、いいカモになってしまっただけということになります。
おまけに「マーチンゲール法」などというかっこいい名前をつけるまでもなく、ギャンブラーは少なからずこのような誘惑にかられて賭けを続け、結果資産を失うことにつながるか、賭けに勝って利益を得るかのどちらかにつながっています。
このスリルがギャンブラーをひきつける誘惑とも言えますね。

ギャンブルの戦略の一つでもあり、必勝法とまで言えないまでも、負けないために賭け続ける理由ともなっているこの「マーチンゲール法」ですが、バイナリーオプションにも適応できるという投資家も中にはいます。

つまり、バイナリーオプションは1/2という確率で勝てるということから、20連敗30連敗するようなことはほとんどの場合ありません。
このことから、マーチンゲール法を適応し、いつか当たったときに負けた分は取り戻せると信じて、倍額を賭け続けるのです。

しかし、マーチンゲール法はバイナリーオプションの必勝法や攻略法などとして挙げているところもありますが、自分の許容範囲資産を超えて負け続ける可能性がないわけではありません。
負け続けている間、ずっとその資産は手元から失われていっているわけですから、最初に手元にある資産がよっぽど余裕を持っていない限り、すぐに資産が底をついてしまっては「マーチンゲール法」で利益を上げるまでの間に、戦略を実行できなくなってしまいます。

バイナリーオプションをギャンブルに見立てて、「マーチンゲール法」を当てはめるのは、少々単純すぎるといえます。
バイナリーオプションは市場予測をしてこその金融商品です。
市場予測をして勝率を高め、無理な投資はしないことを心がけることが誠実に投資を続けられる本当の戦略だと言えます。

国内でもバイナリーオプション取引が流行り始めた頃、ハイまたはローの2分の1の確率というルール事の影響で、単純明快なギャンブルと位置付けられた時期もありました。
それが、日本では国内規制につながったものと感じています。

海外でも、オプションビット(OptionBit)を始め各バイナリー業者でも、このマーチンゲール法が一部で流行った事も事実です。
但し、バイナリーオプション取引は投資分野で有り、ギャンブルではありません。

負けたら倍額投資で、これが2回3回と負け続けていくと投資金額も更に高額となり、例え勝ちに辿り着いたとしても、高額な投資金額をつぎ込んだ割には、得られるものは手薄で手元に残るものも少ないのも事実です。

そんな危なっかしい法則を用いる位なら、はじめから投資分野らしく、きちんと分析を行いながらバイナリーオプション取引を行う事だと感じます。

勿論、分析を行った所で、利益を出す時もあれば損失を出す時もあるでしょう。
しかし、コツコツと計画的に資産を積み上げていく事が、今後投資を行っていく中でいかに重要な事かという事を、オプションビット(OptionBit)サイトで学んで頂きたいと思います。

 

只今当サイトでは、オプションビット(OptionBit)サイトに関する新規登録&入金マニュアルを配布中です。
また、様々な特典もご用意しております。
こちらも是非、ご参考ください。

オプションビット新規口座開設&入金マニュアル

※クリックするとマニュアルが開きますので手順に従い進めてください。

 

オプションビット(OptionBit)公式サイトはこちら▼

オプションビット特典プレゼントページはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ