オプションビット(OptionBit) 短期トレードの歴史

オプションビット(OptionBit) 短期トレードの歴史

オプションビット(OptionBit)バイナリーは短期トレードの歴史について、ご案内致します。

バイナリーオプション取引の基礎といえばハイロー取引ですね。
ここから出発して、2010年スポットオプション社が60秒間というトレードを開発したのがきっかけで、今現在ではオプションビットを始め、何処のサイトでもこの速攻型の短期トレードが日常的にトレード出来て当然という時代へとなりました。

ちなみに、この60秒間トレードは、開始と同時に海外が先行しました。
海外でも、余りにも反響が凄かった為この影響で日本への進出が遅れてしまったのです。

そこで、同じスポットオプション社のソフトを利用していたスマートオプションというサイトが、イライラし過ぎてスポットオプション社関連のトレードラッシュサイトより先に国内の短期トレードを開始してしまったのです。

その関係で、海外デビューしたのは、開発したスポットオプション社のトレードラッシュサイトだけど、国内デビューしたのはスマートオプションサイトという図式なのですね 笑

そのイライラの原因というのも、その当時まだトレードラッシュサイトが国内へ進出もされていなかったので、そんなものを待っていたらじゃあ何時60秒トレードがうちで使えるんだ!
となった為、スマートオプションが一足先に60秒間トレードをオープンしてしまったのですが、のちにトレードラッシュサイトも国内へ進出し、60秒間トレードも開始させ、国内でも短期トレードの人気に火がついたのです。

ただこの状況に、国内でも最も有名で人気があった24オプションがこのまま黙っている訳にはいかなかった。
60秒間というトレードは一体どんなものなのかを、緊急で徹底的に基礎から研究し、国内で3番目に60秒トレードをオープンさせ、この3社が中心となりし烈な争いを繰り返し、のちに24オプション、スマートオプション、トレードラッシュこの3社が海外バイナリー御三家と国内で言われる様になったのです。

その後、オプテックというサイトが国内に進出して、30秒間のトレードを持ち込みましたが、しかしオプテックサイト自体が知名度が低く、早々と国内を撤退していきましたが、のちに30秒間というトレードも無くてはならない存在として定着して来ました。

そして、忘れてはならない当サイトがお薦めするオプションビット(OptionBit)なのですが、国内進出当初は、60秒、2分、5分、10分のターボ取引という名目で開始しましたが、その後スーパーターボ取引として、15秒、30秒の更に最速取引を開始してみたものの、さすがに15秒間取引となると、分析した所で余りにも早く終了してしまう為、分析した効果が得られないというトレーダー不評のご意見から、15秒間は撤退しました。

そしてオプションビット(OptionBit)はその後、アルゴビット(Algobit)ツールに続いて、短期トレード専用のターボシグナルを開始致しましたが、こちらもアルゴビット(Algobit)のインパクトが余りにも強すぎて設定機能が単純過ぎた事、またアルゴビット(Algobit)ツール自体に短期トレード用のシグナルも提供しているので、これは不要という判断から、ターボシグナルは廃止されました。

オプションビット(OptionBit)では、今現在ターボ取引として30秒・60秒・2分・5分・10分のトレードがご利用頂けます。

という事で、短期トレードの歴史を振り返りながら色々とご案内してまいりましたが、しかしトレードするお客さんにしてみたら、こんな話しはどうでも良い話しですけどね 笑

ただ、バイナリーオプション取引はハイローという基礎的な取引から出発し、24オプションがタッチ、境界を開発し、更に60秒間という短期のトレードを
スポッツトオプション社が開発した事、そして、今はなきこの3社が短期トレードを流行らせてくれたお蔭で、今現在でも日常的なトレードとしてご利用出来るのです。

まさに、こういう歴史があったからこそ今がある、という事でご参考ください。

 

オプションビット特典プレゼントページはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ