オプションビット(OptionBit) ビットコイン決済の導入が開始されます。

オプションビット(OptionBit) ビットコイン決済の導入が開始されます。

オプションビット(OptionBit)のビットコイン決済導入について詳しくご案内していきたいと思います。

オプションビット(OptionBit)関連動画

オプションビット(OptionBit)では、ビットコイン銘柄によるバイナリーオプション取引が出来るという事を以前お知らせしていきましたが、今回はトレードの方ではなく、いよいよビットコインによる入金決済が始まります。

これは、オプションビットサイトで既にトレードされている方にとって、非常に嬉しいニュースとなりますね。
というのも、海外バイナリーオプション業者でこのビットコイン決済を導入されている業者がまだ少ないので尚更です。


しかも、Bitcoin(ビットコイン)のみならず、Litecoin(ライトコイン)、Ethereum(イーサリアム)、をはじめ、様々なコインをお持ちの方でも入金が可能というから、これには驚きだ!

といっても、ビットコイン?
聞いたことあるけど、なんじゃそりゃ!
では、ビットコイン決済もご利用出来ないので、ここでビットコインについて具体的に詳しくご説明していきます。

 

Bitcoinn(ビットコイン)

ビットコインとは、国が認めた通貨ではなく個人個人が認めた世界共通の通貨です。
ビットコインは仮想通貨と呼ばれていて、仮想という位なので実物のコインなんて存在しないのです。
また、海外では暗号通貨とも呼ばれています。

 

T‐ポイントカード

これを簡単に例えていくとT‐ポイントカードと一緒です。
T‐ポイントカードも実際のお金なんて存在しませんよね。
各店舗同士が認め合ったポイントであり、やがて取扱店舗も増えていき、買い物をすればT‐ポイントカードにポイントが貯まり、その貯まったポイントで沢山のお店で使えるようになった!
簡単に言ってしまえばこんな発想で、別に国が認めた訳でもなく、店舗同士が認め合ってご利用出来るようになったポイントと同様、個人個人が認め合ってご利用出来るようになったコインがビットコインです。

但し、ポイントというのは個人個人が所有するものであって、他人に譲ったり貰ったりする事は決して不可能ですよね。
その不可能を可能にしたのがビットコインという訳ですね。

使い道としてはT‐ポイントカードのようにカードで貯めるのでなく、お金を専用の仮想通貨取引所からビットコインに代えて、ビットコイン専用のウォレット(お財布)アプリに貯めて、アプリ同士てビットコインを貰ったり、送金したりというしくみです。
また、アプリ同士なのでモバイル端末のメール送信と同様、送金もあっという間に完了出来る上、手数料も格安となるのですね。

また、ビットコインは個人といっても日本のみならず、世界中の個人が認めた通貨なので、海外に住む地球の裏側の人間でもアプリ同士ですぐ送金も完了!
また、ビットコイン決済を取り扱う店舗で有れば、世界中の何処でも支払いが可能なので、例えばイタリアのランボルギーニー社がビットコイン決済を取り扱っていますとなれば、いちいち銀行まで足を運ばず、めんどくさい海外送金用紙に書く必要も無く、バカ高い海外送金手数料も払わず、更に着金までにも時間が掛かるという銀行の海外送金に頼らず、あなたのビットコインウオレットからランボルギーニー社専用ウォレットへコインを送信させる事で、それこそボタンひとつであっという間に、「この度はランボルギーニー社のカウンタックのお買い上げ誠に有難うございました」となるのです 笑
これが、仮想通貨の日常的分野での使い道です。

なので、お金の送金に関して、今まで銀行に頼っていた時代から個人で簡単に操作する時代へと変化しているのですね。
今回のオプションビット(OptionBit)のように、ビットコイン決済の取り扱い店舗が増えれば増える程、日常的分野にも影響を及ぼし大変便利となるのです。
そのうち、世界中の銀行やクレジットカード会社の金融機関がどんどん倒産したりして 笑

ただ日常的分野と言っても、ビットコインを始め他のコインに対し、相場が上がったの下がったの、儲かった損したと、こんな事をばかリやっているから、そっちにばかり気を取られ、日常的分野の整備が出遅れている訳ですが 笑
ビットコインの本来の目的は、お金をコインに代えて送金を便利にするという日常的分野が主体なのですね。

まあ、こんな事ばかりやっているからというべきか、国内の仮想通貨は証拠金倍率4倍以内の自主ルールが推奨される訳であって、FX取引のレバレッジ25倍から10倍へという新規定ルールと同様、こうなってくるとバイナリーやFX業者と同じくいずれ仮想通貨に関しても、拠点は海外業者へと目を向けられていくだろうと感じますね。

という事で、今回オプションビット(OptionBit)が仮想通貨決済を導入した事で、先程のランボルギーニ社ではありませんが、あなたのビットコインウオレットからビットコインを送信させる事で、あっという間にオプションビット専用ウオレットの方へビットコインが届き、確認された上で、あなたのオプションビット(OptionBit)専用口座の方へ入金されるというしくみとなります。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼
=”60″ />

コメントを残す

このページの先頭へ