オプションビット(OptionBit) なぜタッチやレンジが貴重なのか?

オプションビット(OptionBit) なぜタッチやレンジが貴重なのか?

オプションビット(OptionBit)のなぜタッチやレンジが貴重なのか?
についてご案内致します。

海外のバイナリーオプション取引業者が過熱していた時期に比べると、今現在では業者数も減り、と同時にタッチトレードやレンジトレードを扱う業者も減少しております。

但し、減少している中でもオプションビット(OptionBit)サイトではこの2つのオプショントレードが今でも、ご利用頂けます。
取扱業者が減少している分、これが吉となって、このタッチやレンジを求めてオプションビットサイトへ登録してくるお客さんも多いとも聞きます。

ハイロー取引と同様、タッチやレンジも取り扱っていて当然という時代が実際あったので、古くからバイナリーオプション取引をご利用している方にとってみれば、とても貴重なオプショントレードなんですね。

私個人でも、相場の動きによっては、いざという時に利用しております。

なぜなら、相場が大きく動いた際は、ハイロー取引よりチャンスだからです。
例えばタッチトレードにしても、あらかじめターゲット価格が設定されているもののその価格まで到達させてしまえばその時点で終了となるトレードなので、相場が大きく動いた際は、ほんの数秒でペイアウトを獲得する時もあるのです。
特に経済指標により相場のトレンドが大きく上がったり下がったりする時は、はい次、はいその次と、連戦連打で面白い位に勝てちゃう時もあるので、こういうチャンス時に生かす事も戦術のひとつですね。

例えばレンジにしても、同じくターゲット価格が設定されているものの、終了時間の時点で、その枠内要するにエリア内で収まっていれば、ぺイアウトが獲得出来るので、反対に相場が反応もせずノロノロと時間ばかりが過ぎていく時は、レンジトレードのチャンス時となります。
初心者の方でも、チャートを睨めっこしてても、どっちに動くのかはっきりせえ!とイライラする時もありますよね。
このイライラ感が発生した時こそ、レンジトレードを行ってみるべきですね。
あとは、相場が動かないまま終了時刻を待つのみなので、この終了時刻までの待っている時間帯!この緊張感がまたたまらないんだ!という、このレンジトレードばかり行っているレンジマニアも居るんです。
これは実際の本当の話しであって、ハイロー取引や他のオプション取引なんか見向きもせず、反対にペイアウト率が低くても良いから、レンジの短期トレードが出来ないかな?なんて馬鹿げた事を言う人も居る位なので、このレンジトレードも侮れない存在なのです。

という事で、今回はこの2つのトレードについて、ご紹介してまいりましたが、ハイローや短期にのみ集中したいというトレーダーの方の気持ちもわかるのですが、でも無いよりはあった方がマシですよね?

例え普段この2つのオプショントレードが不要だったとしても、いざとなった時に、タッチやレンジのオプショントレードがある事で、先程申しましたように有効利用出来るからですね。

なので、古くからバイナリーオプショントレードを行っている方は、相場の状況によって、バリーエーション組みながら他のオプションに切り替えてトレードを行っているのです。

ちなみに、私個人も実は2010年の24オプションサイトが日本に上陸して、日本語サイトが完成したその頃から、まあその頃と言ってもバイナリーオプションが流行る前の時代なので、世間はバイナリー?なんだその取引は?
と言われていた時代から状況に応じて、タッチやレンジのトレードを行っていたので、非常に貴重なオプション取引だと感じてしまうのものなんです。

このワンタッチやレンジのオプショントレードは、ちなみに24オプションサイトが開発したオプショントレードです。
昔は、ワンタッチとノータッチのどちらかを選択するトレードであって、またレンジの事を境界取引と言われていた時代もありました。

また短期トレードは、スポットオプション社が開発しトレードラッシュというサイトが初めて海外で60秒というトレードを開始させたオプション取引です。

まあ、そんな事どうでも良い話しだけどね 笑
初心者の方は、海外バイナリーでもこんな歴史があったんだ!という事で、頭の片隅にでも入れて頂けたらと思います。
また、こういう歴史があったからこそ、バイナリートレーダーの間でもタッチやレンジトレードが、大変希少価値が高く重宝されているという事でご理解ください。


オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ