オプションビット(OptionBit) ローソク足について

オプションビット(OptionBit) ローソク足について

今回は、オプションビット(OptionBit)の学習編ローソク足についてご案内致します。

バイナリーオプション取引をされる方であれば、このローソク足という言葉を必ず耳にされたと思います。

ただ、バイナリーオプション初心者にしてみれば、何のことだか見方がわからなくて、敬遠された方も沢山居るのでは??
と感じますね。

また、棒が沢山並べられていて、ローソク足チャートを見ただけでもめまいがする方も居る事と思います。

ただ当サイトと致しましては、初心者の為のオプションビット(OptionBit)専用サイトとなりますので、今回はローソク足の基本的な部分テーマにご案内していきますので是非参考までに学習して頂ければと思います。

当然、バイナリーやFXの参考となるローソク足による攻略法を見た所で、チンプンカンプンで理解に苦しむお気持ちもわかりますが、投資経験のある方でしたら、約6割7割の方はこのローソク足の分析チャートを参考にしながらトレードを行っているのです。

しかし、ローソク足と言っても物事には必ず基礎というモノが存在します。
難しく考えずに簡単な基礎から、コツコツと学んでいけばそう難しいものではありませんし、また基礎さえ掴んでしまえば、あとは日常的なパターンの繰り返しのようなものなんですね。

そのパターンに関しても、人によって様々違いますけど、むやみに沢山叩き込んだ所で訳が判らなくなるよりは、自身のやり易い方向性のものを1個掴んで慣れてきたら、もう1個次に進むみたいにコツコツと積み上げて引き出しを増やしていけばよいのです。

それでは、ローソク足の基本についてご案内してまいりましょう。

ローソク足とは?

ローソク足とは、相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したものです。
このローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたチャートをローソク足チャートといいます。

ローソク足には、「陽線(ようせん)」と「陰線(いんせん)」の2種類があり、始値より終値が高い場合を「陽線」といい、始値より終値が低い場合を「陰線」といいます。
また、ローソク足は、実体と上ヒゲ(うわひげ)、下ヒゲ(したひげ)の3つから成り立っています。

ここで非常に参考となる、判り易いローソク足の基礎的動画を見つけましたので、今回は、その動画をアップさせていただきました。

ローソク足の基礎講座

非常に丁寧で、参考となる判り易い動画なのでUPさせて頂きました。

参考としてください。

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ