バイナリーオプションは詐欺ですか?

バイナリーオプションは詐欺ですか?

バイナリーオプションは詐欺ではありません。
きちんと法規制にのっとって取引されている、きちんとした金融商品です。
投資家からも注目される金融商品で、取引の仕方によっては短い時間で利益をあげることができるため、デイトレーダーにも人気のある取引です。

しかし、「バイナリーオプションは利益がでる」「簡単」などの情報だけが広く知れ渡ってしまい、きちんとした取引の中身やどのような仕組かまできちんと知っている人は、一般の方の中にはわずかです。
この情報の少なさによって、名前だけを聞いたことがある人が、間違ったネット上の情報や、仕組の解説などによって、詐欺にあうことがあります。
つまり、本物のバイナリーオプション取引はきちんとした金融商品として扱われ、取引されているのに対し、そのバイナリーオプションの名前を使って、初心者や慣れない投資家をだまそうとする人たちもいるということに、十分に注意する必要があるということです。

このバイナリーオプションの名前を使った詐欺に合わないためには、どのような騙しのテクニックがあるのかを知っておく必要があります。
もちろん、騙しのテクニックをすべてここであげるとなると、あげきれないのが現状です。
しかし、その中でいくつか騙しの共通点があります。
もっとも共通していると言われるのが、「不合理な保証内容」を提示しているところです。

バイナリーオプションは投資です。
金融商品です。
お分かりの通り、「確実に」とか「絶対に」ということはありえません。
絶対安泰と言われている企業も、急に倒れてしまうことがありますし、急に注目されて株価があがる企業もあります。
この仕組みは皆さんの知っている通りですから、バイナリーオプションが金融商品であり、投資商品である限りは、「絶対に」とか「確実に」という言葉は当てはまらないのです。
もし、これに対してリスクを感じるようであれば、投資に向いていないと言えます。
投資ではない方法でお金の儲け方を考えなければなりません。

しかし、どうしてもこういった取引にリスクを感じてしまう初心者投資家の弱い心理を狙って、「確実に利益を保証します」という不合理な保証内容をぶらつかせることで、詐欺師たちは投資家をだますのです。
「確実に利益を保証します」というのはすぐに怪しいとわかりますが、中には「投資額の一部を返還します」というものもあります。
また、騙される前に「初回金が要ります」などの手口で詐欺を行うところもあります。
これらはすべて返すと言わないことで、詐欺色を薄くしているのですが、れっきとした詐欺です。

投資の世界では世界中のいろいろな事情や人間関係、情報統制など様々な問題が絡み合って、価格が常に変動しています。
それらの情報をどれだけ手に入れ、どれだけ先を読むことができるかは、「確実に」や「絶対に」利益を出すという自信につながることはあり得ます。
しかし、どれだけ情報を集めてもやはりタイムマシンで未来を体験した者でなければ「確実に」「絶対に」利益を上げることは不可能なのです。
これをしっかりと理解した上でバイナリーオプション取引を行いましょう。

これらの詐欺に合わないためには、悪徳業者との取引を避けることが重要となってきます。
不合理な条件はもちろん、取引の費用とはべつに初回金がいると言っている取引業者は悪徳業者である可能性が極めて高いと言えます。
もし詐欺にあった場合はすぐに契約を破棄させましょう。

詐欺師が「今後サービスを向上させます」などの策を演じてくることもありますが、信用性は皆無です。
金融商品を扱うことはそう簡単ではないので、そういった怪しい会社を挟むことはやめましょう。
また、詐欺にあった場合、新たな被害を生まないために、ユーザー評価サイトで口コミをすることはもちろん、商事改善協会など訴えるべきところへ被害を報告しましょう。
また、金融取引を行うときは、不合理な取引には応じないように気を付けましょう。

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ