バイナリーオプションとFXを比較して違うことは?

バイナリーオプションとFXを比較して違うことは?

バイナリーオプションとFX取引は同じように考えている人がいますが、大きく違う商品です。
その違いを説明する前に、なぜ同じように捕らえる人がいるかを説明します。
バイナリーオプションとFX取引との共通点は、FXオプションとバイナリーオプションが為替などのリスクヘッジに使用できるという点です。
ヘッジとは原資産を守るために保険的に投資行為を行うことです。

これは最悪のリスクに比べればずいぶん安価で進められますし万が一の場合に損失の穴埋めにすることができます。
何もおきなければ予想していた利益が舞い込み、小額の保険金は掛け捨てで消えてしまいますが、小額でリスクが少なくなるのはよい戦略といえます。
また、このようなリスクヘッジはもちろんですが、FXオプション、バイナリーオプションとも少額の投資を莫大な利益につなげるようなオプション権利の行使もできます。
これらのオプションの性質面ではFXのオプション取引、バイナリーオプションの取引は共通すると言えます。

しかし、バイナリーオプションとFXとの最大の違いはバイナリーオプションのリスクが限定的である点です。
バイナリーオプションでは、取引を開始する時に最悪の場合の損失も、最善の場合の利益も、市場の動向に関係なく決められています。
しかし、FXオプションにおいては戦略が買い戦略であった場合はあらかじめ最大の損失額が確定するものの、利益はいくらあがるかわかりません。
相場によってはどんどん増えていくこともありますし、あまり増えないこともありえます。

逆に売り戦略であれば最大の利益はあらかじめ決まっていますが、損失はいくらになるかわかりません。
相場によっては、損失額はどんどん膨らんでしまいます。
つまり、利益も損失も相場によって増える可能性があるのがFXオプション、利益ともに損益も限定されているのがバイナリーオプション取引というわけです。

一般的なFX取引では、利益や損失が限定されず、いったいいくらにのぼるかわからない状態です。
昨今の市場は荒れることが多く、場合によっては大損してしまうかもしれません。
それを避けるためにリスクヘッジとして使われるのがFXオプションです。
最近ではほとんどの場合、利益を出している投資家はFXオプションを使ってリスクヘッジをしています。

しかし、リスクヘッジをしたとしても、損失が計り知れないのは怖いという人が多いのが現状です。昔のように上り調子がそのまま続くと予測できない今、プロでも市場を性格に読むことは難しくなっています。

これらのことを総合的に考えると、最大損失額をここまでと決められる上に、シンプルな投資ルールであるバイナリーオプションのほうが、金融取引に初めて参加する初心者の方には安心して取引できるといえるかもしれません。

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ