オプションビット(OptionBit)のお得な無料ツールを活用せよ!!!

オプションビット(OptionBit)のお得な無料ツールを活用せよ!!!

オプションビット(OptionBit)関連動画

オプションビット(OptionBit)サイトでは、アルゴビット(Algobit)とフォロートレードという2つのツールがある。

共に評判がいいツールなのです。

アルゴビット(Algobit)は、相場の状況の応じてシグナルのシステムが反応し、上(ハイ)または下(ロー)のサインを出してくれる。

フォロートレードは、オプションビット(OptionBit)で厳選されたトレーダーの中から、ご自身でチョイスして、そのままコピーしてトレード行うといった内容。

両方とも使い方として大変便利で、初心者の方でもすぐ覚えらえるといったツールなのですが、あとは、ほったらかしてスタートを切れば確実に利益が確保されるというものでは無いという事だけは、頭の片隅に入れて置いてください。

投資の世界では、必ずしも絶対というモノは存在しないのです。

自分の腕だけで、資産を積み重ねてきた投資のプロでさえ予想を外す時だってあるのです。

アルゴビット(Algobit)の高性能のツールがあったとしても、予想を外す時だってあるのです。

では、どのようにしてトレードしていけば良いのか?

まず、初心者さんの方は投資の基本として、欲を抑えて、あくまでも計画的に!
という事を学んでください。

いくら、バイナリー取引は簡単だ!!
ツールの使い方も簡単だ!!
と言われても、あくまでもそれは取引ルールやツールの使用方法が簡単だけの話しであって、実践トレードとなると思い通りにすべてが上手くいくという
そんな生易しいものでは無いという事です。

例えば、便利なツールがあるから、何も考えないでお金だけ突っ込んでおけば、後は寝っ転がったって資産が増えていくという、そんな甘い考えは捨ててください。

もし、そんな完璧なツールがこの世の中にあれば、全世界の投資家達がとっくに寝っ転がってトレードしてます。

まず、初心者さんの方は、投資の仕方の基本から学んでください。
投資の世界は、欲を抑えてあくまでも計画的に!というのが基本です。

例えば、いくら簡単だからといって、まるで、ゲームセンターのコインゲームのように、はい次!また勝ったからはい次!勢いだけでどんどん投資額を上げていき、最後はすってんコロリで無くなるパターン。
そんな事やっていては、例え10勝2敗の勝率8割りでも手元に残りません。

反対に負けたからといって、その損失を取り戻す為に投資金額を倍に上げていき、更に負けが混んでいくと、更に投資額をどんどん上げていき、最後は歯止めが効かなくなりドツボにハマるというパターン。
そんな事やっていては、お金がいくらあったって足りない状態となります。

まず投資を行う上で必要な事は、ご自身の大切なお金を専用口座に預ける訳ですから、勢いでお金を投資するのではなく、大事に計画的にお金を投資していくこういう心掛けが必要とされるのです。

大金を掴もうなんて思わない事です。
コツコツと資産を積み重ねていく心です。
例え周りからセコイと言われても、そのセコイと言われる精神こそが重要なのです。
投資の世界では、欲ばかりで夢のように語る人より、セコイ人間こそが資産を残すのです。

例えば、欲ばかり考えている人間は、中身の事なんて考えないで、先々の事ばかりを考えます。

反対に、セコイ人間は資産を守るために、中身を緻密に学んで分析までしていきます。

例えばオプションビット(OptionBit)では、先程ご説明しましたように、アルゴビット(Algobit)&フォロートレードの便利なツールを提供しています。

アルゴビット(Algobit)で例えると、右側のグラフ(チャート)を見ながら、過去の値の動きはどうなっているのか?
左側のパラメーターから分析ボタンでスクロールさせ、常に信頼度の最新情報をチェックし、またアドバンス設定でトレードしやすい場所に移動させ、タイミングよくスタートを切る。

フォロートレードであれば、勝利数ばかりに目を奪われるのではなく、取引回数やフォロー回数をチェックしながら、その上での勝利数を見定めて判断していき、相性の良いトレーダーチェックしていくという習慣。

こういう工夫や努力が、勝利数を上げていき資産を残していくきっかけとなるのです。

せっかく無料で提供されるツールです。
機能や性能の基本的な中身を知る事、また自分なりの工夫や分析や努力、そして、自分のモノだと思ってツールを可愛がっていく事。

まず、そういう所から学んでみてください。
何も考えない方と可愛がる方、こういう所でも目を瞑ってても差が出るものなんです。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼

コメントを残す

このページの先頭へ