バイナリーオプション 国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプション 国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプション取引の国内業者と海外業者の違いについてお話しします。

バイナリーオプション流行と共に、一時は国内業者でも人気ありました。
GMOクリック証券やら、みんなのバイナリーとかね。

でも海外バイナリーオプション業者に比べて、流行当時から国内業者はどうしても、違和感があったのも事実です。
定員オーバーで購入できないとか、ハイ&ロー取引があっても短期トレードというモノが無く最短で30分とか、ワンタッチ取引や境界取引が無いとかね。

特に定員オーバーで購入が出来ないというのは、海外業者では考えられない話しであって、何処の国内業者がそんな事やってんだよーと思った位ですから、よぉーいドンという所から、その差が浮き彫りになっていたんです。
それに、店頭の証券会社とは違い、ネット営業を行ってたFX業者は今現在のようにまともなサポートとは程遠い状態だった事は事実です。
それこそ、ザル対応と呼ばれていた位で、電話でバイナリーオプション取引とは、どんな取引ですか?と問いただした所で、資料を送りますのでそれを参考にして頂くか、月2回講習会を行っているので、それに参加して頂き取引内容等を覚えてくださいという返答で、これじゃ単なる案内係でサポートにも達していない状態で、基本の足元から見直しが必要じゃないの?と思ったりしてね。

そこに来て、バイナリーの国内規制が発令し、取引ルール自体も変更されて、高いか低いかは勿論の事、そこに更に決められた数値を超えなければならないという、まるで走高跳びやっているようなラダー式の取引ルールでは、これはもうバイナリーオプション取引の枠を超えているという感じです。

それでいて、国内の正しいバイナリーオプション取引と言われてもね、それは国内がバイナリーオプションという取引を開発したというのなら話しは別ですが、元はと言えば、このオプション取引自体は海外で発明されたものであって、本場は海外が発祥の地なんです、規制によりバイナリーの基本を改良した上、日本は正しいと言われた所で、海外の人達にしてみれば誰が納得するのですか?という話しにもなるんだよね。

という事で、雑談はこれ位にして、市場価格がトレード開始と共にターゲット価格となり、それに対する高(ハイ)または低(ロー)を予想するという本場のバイナリーオプション取引を行いたいという場合は、海外のバイナリーオプションサイトへ登録する事です。

特に、当サイトがお薦めするオプションビット(OptionBit)サイトは、ハイロー取引の他に各オプション取引の種類が豊富である事と、アルゴビット(Algobit)やフォロートレードなどのツールも無料で使えるので、海外サイトの中でも特にお勧めです。

是非、オプションビット(OptionBit)サイトで本場のバイナリーオプション取引を体感ください。

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ