バイナリーオプションはギャンブルですか?

バイナリーオプションはギャンブルですか?

オプションビット(OptionBit)関連動画

バイナリーオプションはギャンブルではありません。
バイナリーオプションが例えばギャンブルであれば、ギャンブルが規制されている日本では違法行為に該当してしまいます。
しかし、バイナリーオプションの仕組みをある程度知る人は、勝つか負けるかのギャンブルのように理解している人が少なくないのも現状です。

なぜバイナリーオプションは他の金融商品と比べてもギャンブルといわれることが多いのかというと、その単純明快なルールにあります。
バイナリーオプションの人気の理由はなんと言ってもそのシンプルでわかりやすいルールが受け入れられやすいからです。

例えば、同じ金融商品でも為替取引やFX取引などであれば、丁か半かという単純な結果ではなく、戦略やリスクヘッジによっていかようにも結果を持っていくことができます。
そこには何の根拠もなくただ運任せというのではなく、戦略や予測の能力を使って、各自最善の力を発揮して取引を行っているという印象を持つことができます。

運だけではなくヘッジ能力、先を読む能力が必要になってきていて、その場合と能力によっては1/2の確率ではなくもっと高い確率で勝てるという戦略が存在します。
しかしバイナリーオプションにおいてほとんどの金融戦略が使えないのは事実です。
ヘッジ行為ができない日本では、期限までの経過時間においてリスクヘッジはできません。
期限の時間にどうであるかということだけに、すべての結果が集まっているのです。
つまり利益を得られるかまったく無しか、「オールオアナッシング」という取引条件であることが、バイナリーオプションを戦略性希薄な1/2の確率にかける取引にしてしまっているのです。

これに加えてその取引時間の短さがさらにギャンブル性を増しています。
例えば10000円をあるバイナリーオプション取引で使用し、期限は1分後に設定したとします。
すると元本にプラスで7~8割の利益を得るか、手元の10000円をすべて失うかの二択しか結果がありません。
考えたくはないですが、この取引で負けたとします。
すると手元から当然ですが10000円がなくなってしまいます。
しかし、時間的にまだ1分しか経っておらず、まだまだ投資にかけられる時間が余っています。
そうなるともう一度次の投資をして、今の損失を取り返そうと考えます。
しかし次の取引も1分後には結果がわかり、負けてしまったとします。
すると、たったの2分、作業時間も含めてたったの10分程度で損失は20000円に上ります。

このように取引が短時間で終わるメリットは、デメリットともなり得ますし、少額の損失が気がつくと大きな損失に変わってしまっていたなんてこともありえます。
なので、リスクが限定できるバイナリーオプション取引でも、しっかりとマネー管理はするように心がけましょう。

このようなバイナリーオプションの要素がバイナリーオプション取引をギャンブルのように見せかけてしまっていますが、ギャンブルとは違ってバイナリーオプションは戦略を磨けば勝率を若干なりとも高める努力はできるれっきとした金融商品です。
腕を磨いて自分なりに勝率を高める戦略を立てられる点では、バイナリーオプションは確かにギャンブルとは大きく違うのです。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼

コメントを残す

このページの先頭へ