オプションビット(OptionBit) 税金について

オプションビット(OptionBit) 税金について

オプションビット(OptionBit)の税金についてご案内致します。

バイナリーオプションの利益が発生した場合、所定の税率にそって税金を納める必要があります。
またオプションビット(OptionBit)を始め、海外のFX業者やバイナリーオプション業者を利用して利益が発生した場合、雑所得の総合課税が適用されます。

まず、雑所得とは?
給料とかの所得に入らない「副業とかその他の所得」という意味です。

続いて、総合課税とは?
バイナリーオプションの利用で発生した利益を他の所得と合算して、控除額等
を差し引いた上で課税する方法です。

確定申告に必要となるのは?
勝ち負けを繰り返しながら最終的に残る利益分として、基本的には「年間20万円以上」を取得した場合です。
しかし、以下のような条件に該当した場合には、20万円以下であっても申告の義務が生じるケースがあります。

・給与が2000万円以上ある場合
・勤めている会社外から給与所得や退職所得以外の所得がある場合
・二つ以上の会社から給料を貰い、給与所得や退職金以外の所得額が20万円を超える場合

但し必要経費は認められます。
バイナリーオプションの利益に対しては必要経費が認められています。
必要経費として計上する為の証明書として、領収書は保管しておきましょう。

(対象となる経費)
取引を行っているパソコン代、入金のための振り込み手数料、投資に関する参考書籍や雑誌、セミナー代、文房具代、その他(取引にかかわる必要経費)

(例)バイナリーオプション利益25万円で必要経費7万円かかったとします。
25万円-7万円=18万円
この場合、20万円以下となるので課税対象にはなりません。
※確定申告の必要がないと考えられる場合でも、バイナリーオプションの関係
書類に関しては、過去5年間のもの全て保管しておきましょう。

課税率は所得額の合計によって異なります。
所得額の合算による税率の違いは、以下のとおりです。

(平成27年分以降)

(総合課税の計算例)
取引の利益50万円 必要経費3万円 その他の所得が350万円の場合
合算した合計額は397万円になります。
50万円-3万円+350万=397万円
↓ ↓
そこから、税率をかけて控除額を引いたものが、支払うべき税金となります。
3,970,000円×20%-427,500円=366,500円

オプションビット(OptionBit) 取引履歴の算出方法について

オプションビットの取引履歴を算出するには、まずオプションビット(OptionBit)公式サイトから専用口座の方へログインしていただき、「マイアカウント」にカーソルを合わせて「クローズトレード」パネルを選択します。
↓ ↓

すると、クローズトレード専用ページが表示されます。
↓ ↓

次に、トレード履歴を確認するには、開始から終了までの日付けを選択します
↓ ↓

日付けを選択する事で、指定した日付けの取引履歴一覧が表示されますので、ここで年度ごとの利益額、損失額の確認を行っていきましょう。
↓ ↓

また、証明書として保存する事も可能です。
CSVまたはPDFボタンを押して一覧表を保存ください。

※確定申告を行なう上で、必要経費の対象となるか否か?
算出法についても迷われる点が多々あるかと思われますので、今後の税の改正を含めまして、不明な点はあらかじめ専門家の税理士の先生または税務署にて相談しておくと良いでしょう。

 

【税金についてのポイントをもう一度おさらいしておきます。】
●バイナリーオプションの取引をするための必要経費となる領収書を必ずとっておく。
※経費と思われるものはすべて領収書をとっておきましょう。
●オプションビット(OptionBit)のクローズトレード専用ページにて、年度ごとの利益額、損失額の確認、または証明書の資料として保存をしておく。
●不明な点は専門家の税理士の先生または 税務署にて相談しておく

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ