海外の仮想通貨事情について

海外の仮想通貨事情について

海外の仮想通貨事情についてご案内致します。

まず、海外の仮想通貨の事情から、お伝えしましょう。
オプションビット(OptionBit)をはじめ、他の海外業者でも仮想通貨銘柄のビットコインを取り扱う業者も増えて来ました。
※海外では暗号通貨通貨とも言われています。

例えば、オプションビット(OptionBit)の仮想通貨銘柄で例えるとBTC/USDのみですが、
ファイブスターマーケッツやビジョナリートレーダーズの
2サイトに関してはビットコインを始め、
イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュなど大人気のアルトコイン通貨なども導入を開始しています。
但し、仮想通貨銘柄でバイナリートレードが出来るだけで、ビットコインによる入出金決済の対応までには至っていないという状況ですね。

この辺は反対に、海外のFX業者の方が積極的に導入しているように見えます。
例えば、エックスエム、アイフォレックス、トレーダーズトラストサイトでは仮想通貨トレードも積極的であり、またエックスエムやトレーダーズトラストサイトでは、ビットコインによる入出金決済も導入を開始してます。

但し、ビットコインを全体で眺めてみると、相場の上げ下げで儲かった損したというトレードが先行し過ぎて、ビットコインによる日常的分野での使用用途においては、まだまだ出遅れているという状況です。

なぜならば、元々このビットコインというのは、お金を仮想通貨(ビットコイン)に代えて、専用アプリを使って、それこそ地球の裏側まで送金していく速度と手数料の格安、これが本来の目的だからです。

しかし何処の国を見渡しても残念な事に、ビットコイン決済による知識が浅すぎて、ビットコインとはどのように使用するものなのか?
どのようにビットコインへ換金していくのか?
専用アプリでどのように操作するのか?
また、どのようにビットコインを送金していくのか?
という個人による利用法への知識から、各量販店での利用、通販による決済、更にATMへの導入など、まだまだ全体的にインフラの整備に時間が掛かるという具合だ。

この日常的分野での使い道が進歩していく事で、現物のお金より仮想の通貨へ、銀行へ預けるよりビットコインのアプリへ、更に受け入れる側もビットコイン決済への導入が進む事で、それこそクレジットカードや銀行送金なんて反対に不必要となって来る時代へと突入していくのですけどね。

但し、税金が進歩への妨げになる危険性もあるという事を頭の片隅に入れて置きましょうね。

当サイトでは、オプションビット(OptionBit)を始め海外のバイナリーオプション業者やFX業者にも注目しており、また仮想通貨の今後にも興味があり注目しています。

 

オプションビット(OptionBit)特典コーナーはこちら▼

コメントを残す

このページの先頭へ