オプションビット(OptionBit) 語り継がれる伝説のお話し(4)

オプションビット(OptionBit) 語り継がれる伝説のお話し(4)

オプションビット(OptionBit)の語り継がれる伝説のお話し、今回は大人気のアルゴビット(Algobit)ツ―ルについてご案内していきます。

オプションビット関連動画

まず、はじめてご利用される初心者さんの為に、海外のバイナリーオプションの歴史を辿りながら、このアルゴビット(Algobit)ツールについて、色々と振り返ってみたいと思います。

以前、バイナリーオプション取引の流行と共に海外バイナリーオプション業界で国内で最も人気があったサイトと言えば、24オプションというサイトが思い浮かびます。

この24オプションというサイトは、何と言ってもバイナリーオプションという新たなオプション取引を国内に限らず全世界において流行させた火付け親とも言われており、今でも伝説として語られております。

イギリスに本社を置き、独自の巨大自社ビルを構え、その従業員数は総勢800名、ワンタッチ取引&境界取引を開発し、またイタリアセリエAの名門ユベントスというサッカークラブチームとオフィシャルスポンサー契約を結んだりと、
それこそ24オプションという存在こそが、一世を風靡したカリスマ的サイトでもありました。

ちょうどその頃のオプションビット(OptionBit)サイトと言えば、海外のヨーロッパを中心に活動拠点を広げ動いていたものの、24オプションの勢いが凄すぎた為、他国に進出をしては、24オプションに縄張りを奪われるという格好の餌食となり、
一時はアジア圏内のシンガポールへと、活動拠点を代えていったのですが・・・・・

しかし、ここで一つの転機が訪れます。

オプションビット(OptionBit)側が、高額の予算を掛けシグナルツールの独自開発を行ったのです。
オリジナルブランドとして、オプションビット(OptionBit)名の一部、ビットのイニシャルを使った高性能シグナルツールが完成。

そのツールこそがアルゴビット(Algobit)ツールの誕生だったのです。

その当時、シグナルツールと言われても高額な価格で売買され、24オプションでも50万以上の高額入金者のみVIP待遇者扱いとして与えられた特別なツールでしたが、このアルゴビット(Algobit)ツールの完成とともに日本人スタッフを投入、日本語版サイトを完成させ国内の受け入れを開始!
そして、なんと言ってもアルゴビット(Algobit)ツールの無料開放!
これが大当たりの大ヒット作となり、国内でアルゴビット(Algobit)旋風が巻き起こります。

その勢いは、アルゴビット(Algobit)って何処のサイトで登録すればいいの?
と言われる位、オプションビット(OptionBit)のサイト名よりアルゴビット(Algobit)のツール名が先行してしまう程だったのです。

この余りのアルゴビット(Algobit)ツールの過熱ぶりと、有名人もオプションビット(OptionBit)でバイナリーにチャレンジするなど更に勢いを増し、オプションビットの名は一気に全国区へと駆け上がり、大手サイトに属していた顧客もオプションビットサイトへ乗り換えるといった異常現象も勃発!

サポートも電話対応に追われる毎日が続き、従業員も十数名と増員させ対応策を図る、この状況にはたまらず、24オプション側も慌ててVIP待遇によるシグナル提供を廃止させ、完全無料開放へと切り替えていったのです。

まさに小が大を喰った歴史的な瞬間なのです。

その当時から、ハイローオーストラリアも国内へ進出させ世間を賑わせてはおりましたが、アルゴビット(Algobit)の過熱ぶりに比べたら、そんなものは子供騙し程度で比較にもならない位凄かったのを覚えています。

更に、これがきっかけとなり、国内に進出して来た様々な海外バイナリー業者がオプションビット(OptionBit)サイトに右へ習えでシグナルツールの無料開放を行った位、
有料で手に入れる時代から無料で利用する時代へと変化していったのです。

やがて、規制との兼ね合いもあり24オプションをはじめ国内を撤退するバイナリー業者も増え、更に時代が進んだところで、このようなシグナルツールを提供する業者はオプションビット(OptionBit)のみとなってしまいましたが、それだけにアルゴビット(Algobit)ツールという存在は、業界に多大な影響力を与え、またいかに他業者に比べ高性能だったかという事が伺えます。

時代を振り返り、色々と語ってまいりましたが、24オプションという大きな存在があったあらこそ、バイナリー取引の枠を超えシグナルツールの分野へ着手させた事、これがひとつの転機となり今現在があると感じています。

そして、アルゴビット(Algobit)は今でも健在です、またオプションビット(OptionBit)サイト自慢の高性能シグナルツールであります。

オプションビット(OptionBit)サイトへ登録した際には、是非アルゴビット(Algobit)ツールを体感していただき、また様々な機能を使ってトレードに取り組んでみてください。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼

コメントを残す

このページの先頭へ