オプションビット(OptionBit) レンジ取引

オプションビット(OptionBit) レンジ取引

オプションビット(OptionBit)新プラットフォームのレンジ取引の操作方法と取引ルールについて説明していきます。

オプションビット(OptionBit)のレンジ取引とは、現在価格に対し、あらかじめ設定されている上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアに対し、満期終了時間の時点で、その範囲内にあるかどうかを予想するオプション取引です。
それでは、レンジ取引について判り易く解説していきましょう。

●【Option Bit –オプションビット】

公式HP⇒http://55china.net/url/optionbit_main.htm

オプション取引を選択

オプションビット(OptionBit)専用口座の方へログインしましたら、最上部左側にある「取引」をクリックして、次に各オプショントレードの中の、「レンジ」パネルをクリックしていきます。

ジャンルを選択

レンジを選択しましたら、次に取引銘柄のジャンルを選択します。

取引銘柄を選択

ジャンルを選択したら、続いてチャート画面の下に表示されている、トレードされる「取引銘柄」を選択します。

チャート画面

「取引銘柄」を選択する事により、その銘柄のチャート画面が表示されます。
こちらで、選択&購入を行っていきます。

満期時間

まず、満期時間(終了時刻)を選択します。

ハイまたはローを選択

満期時間を選択しましたら、次にチャートを確認しながら、ハイまたはローを選択していきますが、チャートを見て頂くと黒、緑、赤の3本線が確認できます。

 

オプションビット(OptionBit)のレンジ取引とは?


ここで、オプションビット(OptionBit)のレンジ取引について、わかりやすく解説して置こう!
レンジ取引とは、現在の市場価格に対し、あらかじめ上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアが表示され、満期(終了時刻)の時点で、その範囲内にあるかどうかを予想する取引となります。

上の図で簡単にご説明していくと、今現在の市場価格(マーケット価格)1,16635に対し満期終了時点で上昇し、ターゲットアップエリア内1,16814を超えずに収まっていると判断した場合ハイを選択し、下落してターゲットダウンエリア内1.16456を超えずに収まっている判断した場合ローを選択します。
要するに、指定された範囲内(エリア内)に収まっていれば、ペイアウトを獲得出来るという取引です。

注目ポイント!
このレンジ取引の注目ポイントとしては、あくまでも指定された範囲内を超えてはならないトレードとなりますので、市場が荒れず、安定的な値動きこそエリア内をキープさせ、ペイアウトを確保するチャンスなのです。
また、このレンジ取引は指定された範囲内を一度超えてしまったからといって判定が決まる訳ではなく、あくまでも満期終了の時点で範囲内で収まっていればペイアウトを獲得出来るという取引となります。
また、このレンジトレードも現在設置している業者も少ないので、タッチ取引同様大変希少価値の高いトレードいえるでしょう

投資金額を入力または選択

という事で、話しは元へ戻しまして、ハイまたはローを選択すると、右側に金額欄が表示されます。
こちらから投資金額を入力、または下の段から金額を選択ください
※投資金額は1,000円~となります。

トレードの開始

投資金額を入力して、準備が全て整いましたら、右下にある「トレード」パネルをクリックします。

トレードスタート

「トレード」パネルをクリックすると、投資成功パネルが表示されます。
この5秒後に正式にトレードがスタートします。
※至急開始されたい場合は、「OK」ボタンを押すと、今すぐトレードがスタートします。

オープン取引パネル

取引が確定すると画面下にオープン取引が表示されます。

 

以上、オプションビット(OptionBit)レンジオプション取引の操作方法と取引ルールでした。
是非ご参考ください。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼

コメントを残す

このページの先頭へ