オプションビット(OptionBit) 各オプション取引をご案内

オプションビット(OptionBit) 各オプション取引をご案内

オプションビット(OptionBit)サイトでご利用可能な各オプション取引についてご案内していきます。

【各機能の紹介】
まずは、オプション取引をご案内する前にオプションビット(OptionBit)サイトで提供している大人気の各機能からご紹介してまいります。

アルゴビットツール
オプションビット(OptionBit)サイトでも大人気となったアルゴビット(Algobit)ツールです。
トレーダーの皆さんの為に、オプションビット(OptionBit)が高額な予算を掛け、オリジナルブランドとして開発された高性能のシグナルツールです。
このアルゴビット(Algobit)ツールは、一体何処のサイトに登録すると無料で提供してくれるの?と言われる位、国内進出当初はオプションビット(OptionBit)サイト名よりアルゴビット(Algobit)の名が先行しすぎてしまった位、今でもその人気ぶりは健在です。
使い方はとても簡単!取引銘柄に合わせて(高)または(低)の予想をしてくれるシグナル予想ツールです。
勿論今現在でも、オプションビット(OptionBit)登録者全員に無料にてご利用可能!
また通常の最低投資額1,000円のところを、アルゴビット(Algobit)ツールご利用の場合に限り500円からご利用頂ける、オプションビット(OptionBit)自慢のオリジナルツールです。

フォロートレード
次にご紹介するのが、こちらも大人気のフォロートレードです。
機能内容は、オプションビット(OptionBit)側で厳選されたトレーダーに対し、お客様の方でチェックしながらお薦めトレーダーをチョイスして、あとはフォロー(コピー)しながらトレードが出来るという、いわばお助け機能トレードなのです。
最近、この手のコピートレードを提供している業者もめっきりと減ってきておりますが、オプションビット(OptionBit)サイトでは今でも健在です。
また、2017年11月のリニューアルオープンと共に、このフォロートレードも新しく生まれ変わりました。
このフォロートレードは、投資額を2倍3倍に引き上げたり、権利放棄でトレードを中断させたりと、様々な機能も満載なので、フォロートレーダーマニアの中毒患者出る位、オプションビット(OptionBit)でも大人気のトレードなのです。

経済指標予想
経済指標とは、それぞれの国の物価や金融政策、景気状況などの経済状況を数値化して、過去、現在の経済の状況を分かりやすく表した情報です。
オプションビット(OptionBit)サイトでも、オープン当初から経済指標情報を提供しており、更に今回のリニューアルオープンと共に、各経済指標の予定に合わせて、日付&時間帯は勿論の事、影響を及ぼすとされる具体的な取引銘柄、更にハイ(高)またはロー(低)の予想までも判り易く表示されるといった、新たな項目がリリースされました。
これでしたら初心者の方でも納得!この情報予想に合わせてトレードを行ってみるのもお薦めです!オプションビット(OptionBit)の経済指標情報にも是非注目して頂きたい。

 

【各オプション取引の御案内】
続いて、オプションビット(OptionBit)サイトでご利用可能な、各オプション取引についてご紹介致します。

デジタル取引(ハイ&ロー)
オプションビット(OptionBit)のデジタル取引とは、バイナリーオプション基本取引のハイ&ロー取引となります。
このデジタル取引とは、今現在の市場価格に対し満期終了時点で上がるか下がるかを予想していく取引となり、ご利用される取引銘柄に対し価格が上昇すると判断した場合“ハイ”を選択し、反対に下落すると判断した場合“ロー”を選択します。
基本的にバイナリーオプション取引には絶対欠かせない基本取引となりますが、国内業者で用いられるラダー式とは違い、あくまでもトレード開始と共に市場価格がターゲット価格となり、その価格に対するハイローなので、これぞ本場の海外式大人気ハイ&ロートレードとなります。

●タッチ取引
タッチオプション取引とは、あらかじめ設定された価格、(タッチアップまたはタッチダウン)のターゲット価格に対し、そのどちらかを選択し満期終了時間内にタッチする(届くか)を予測していく取引方法です。
このタッチ取引が人気なのは、取引時間内に1回でもよいので、設定価格までに到達すればペイアウトを獲得出来る所にあります。
なので、このタッチ取引のおすすめポイントとしては、市場が荒れた時こそチャンスとなり、最もターゲット価格に到達しやすい環境を作る事で、それこそ短時間でペイアウトを確保する破壊力を秘めている所にあります。
また、このタッチトレードを設置している業者も減少しているので、そういう意味ではオプションビット(OptionBit)のタッチ取引は大変希少価値の高いトレードとなる事でしょう。

●レンジ取引
レンジ取引とは、現在の市場価格に対し、あらかじめ上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアの2つが表示され、そのどちらかを選択しながら満期(終了時刻)の時点で、範囲内にあるかどうかを予想する取引となります。
簡単に例えると、満期終了時点で指定された範囲内(エリア内)に収まっていれば、ペイアウトを獲得出来るという取引です。
このレンジ取引は、元々境界やパウダリとも呼ばれ、現在設置している業者も少ないので、タッチ取引同様大変希少価値の高いトレードといえるでしょう。
おすすめポイントとしては、市場が荒れず、あくまでも安定的な値動きこそレンジ取引でエリア内をキープさせ、ペイアウトを確保するチャンスなのです。

●ターボ (短期取引)
ターボ取引とは、速攻型の短時間で判断していく取引であり、取引ルールとしては、デジタル取引のハイ&ローと全く同じです。
簡単に言えば、ハイ&ロー取引の最速版です。
またオプションビット(OptionBit)では、元々60秒が一番早いとされる取引でしたが、2014年11月より更に最速の30秒ターボが加わりました。
この30秒ターボが加わった事で、30秒・60秒・2分・5分・10分と、短期取引だけでも更に充実さを増した豊富なラインナップとなり、最大81%を得る事が出来て、こちらも海外業者には欠かせない取引ですね。
オプションビット(OptionBit)でも、大人気のターボトレードです。

 

オプションビット公式サイトはこちらへ▼

コメントを残す

このページの先頭へ